Vol. 2 「どこの国で何にチャレンジしてもかまわない。狭い日本を出てみることだ」

CATEGORY : 大学
Uchida-sensei

早稲田大学副総長(国際担当)
国際学術院教授
内田 勝一

1946年生まれ。専攻は民事法学。70年早稲田大学法学部卒。72年同大学院法学研究科修士課程修了。75年同研究科博士後期課程修了。77年早稲田大学法学部専任講師、79年同学部助教授、84年同学部教授、2004年早稲田大学国際教養学術院教授就任。同大学国際教育センター所長、別科国際部長、国際教養学部長などを歴任。

【2011年10月11日公開】

世界的な課題の解決に貢献する人材

早稲田大学にとって「グローバル人材」とはどのような人材を指すのでしょうか。
そもそも「グローバル人材」という言葉の背景には、グローバルに事業を展開する日本企業の存在があります。海外での収益が増大する中でグローバルに働いて企業の利益を拡大する人材が必要だ、という経済的な要求ですね。もちろん企業のための人材を作るのも大学の1つの重要な役割です。しかし、大学はより広義のグローバルな問題、現在ではエネルギー問題や環境問題、食料、貧困、テロなど様々な問題がありますが、それら世界的な課題の解決に貢献する人材を育成する必要があります。人々が平和に生活して民主主義的な社会になり経済的に繁栄する、それこそが世界的な課題であり、そこに貢献できる人材が「グローバル人材」であると思います。
「グローバル人材」に必要な能力や資質はどういうものだと思われますか。
いくつかの構成要素がありますが、以下の4点にまとめることができると思います。
1.「批判的思考・一般教養」(たんに一般教養があることではなく、物事を批判的に検討し解決策を考える力)
2.「専門的分野」(大学卒業後、社会に貢献する際の基礎となる専門知識)
3.「人間力」(新しい課題について自ら調べる意欲や、困っている人々を連帯して助ける行動力など)
4.「語学力」(英語は必須。さらに学んだ外国語の背景にある文化や社会を理解し、共存を考える力)
これらの能力を獲得するうえで、日本の大学で機能しているのがゼミや研究室です。海外の大学にそういったものはありません。海外のように個人主義的な自主性も大事ですが、日本のように集団的に議論をして結論を出す力を養うことも大切なのです。
海外の大学ではどのような教育が行われているのでしょうか。
日本とは教育の方法がまったく異なります。たとえば、アメリカのリベラル・アーツ・カレッジでは、各授業は大体20人程度の少人数クラスであり、週に5時間程度(1回50分の授業が3回、100分の授業が1回)の授業時間が確保されています。毎回、予習として大量のリーディング課題を読んでくる前提で、授業自体はディスカッション中心で進みます。明日までにこの本を読んで来てください、と先生に言われることもあるでしょう。そのように海外の大学では集中的な教育をします。今後は早稲田大学も少人数クラス、ディスカッションベース、課題解決型の教育を増やしていく必要があります。

海外の大学との多彩な交換プログラム・内なるグローバル化で「変わる」

早稲田大学は「グローバル人材」を目指す学生に何を提供しているのでしょうか。
「グローバル人材」を育成するうえで、早稲田大学の特徴は、海外の大学との交換プログラムをたくさん提供していることです。学生は海外の大学に行くと変わります。自分と同じ世代の人がどれだけ勉強しているか、母国や社会全体が今後どうなるべきかをいかに真剣に考えているか、そんな姿を目の当たりにした早大生には必ず変化が起きます。そのための手段として多彩なプログラムを用意しているのです。しかし、すべての学生が参加できるわけではありません。金銭面や時間的な制約があるためです。そこで内なるグローバル化として大学内をグローバルな環境にしています。11号館付近では、空港同様に様々な言語が聞こえてきます。東大や京大の人が早稲田に来ると、留学生の数と多様な言語に驚いて帰るのですよ。国内の早大生も留学生と積極的に交わることで変化してほしいと思いますね。
学生は学生時代に何を経験するべきでしょうか。
とにかく海外に出ることですよ。長期休暇中に短期プログラムを利用して1カ月でもいいです。外から日本を見てください。そうすると、日本人とは何か、日本から世界に発信する特殊性とは何か、日本のアイデンティティとは何か、ということを意識できます。どこの国で、どの言語で、どういうことをやってもいいです。狭い日本から1度出てみてほしい。早稲田には例えば、韓国語で4週間、渡航費・食費・授業料込みで10万円くらいの短期プログラムがあります。日本で1カ月生活するよりも安いし勉強もできる、ロシア語や中国語のプログラムもある、早稲田にはそういうプログラムが他大学とは桁外れにたくさんあるのです。ぜひ利用してほしい。アルバイトで10万円くらい貯めて日本語が通用しないところで1カ月暮らす。そんなことを是非やってほしいですね。
海外を経験した学生はどのように「変わる」のでしょうか。
それは人によって異なりますが、早稲田から海外に出る留学生で一番変わるのは中国に行った学生、という印象がありますね。早稲田から行く中国の大学というのは、要するに中国のトップ校ということになります。つまり、そこにいる中国の学生は将来指導者になる立場であり、中国の社会をこう変えなくてはいけない、中国をこういう国にしていかなくてはならない、ということを日々熱く語っているわけです。そこに早稲田の学生が入る。自分も日本という国について真剣に考えるようになる。そうすると、帰国後に日本の将来を熱く語る学生に「変わってしまう」わけですね。海外に出たことの結果は人によって違いますが、「変わる」可能性は非常に高いです。

4つの視点を早稲田で学ぶ(グローバル・リージョナル・ナショナル・ローカル)

最近の若者の「内向き志向」について、ご意見をお聞かせください。
正確には「内向き志向」に見えるところがある、といったところでしょう。「内向き志向」の根拠として言われているのが、アメリカに行く日本人留学生数の減少ですが、それには様々な理由があります。アメリカで学ぶ日本人留学生数は1994年が最も多かったのですが、当時と比べると現在の大学生世代の人口は40%減少しました。当時は205万人ですが、今は120万人です。また当時の留学生は大学院生が多かった、つまり企業が金銭面を負担して派遣していたわけです。それも今は減少しています。さらにその頃に比べて、アメリカの私立大学の授業料がとても高くなったことも一因でしょう。以上の理由から日本人留学生数は減少していますが、人口からみたパーセンテージは実は変わっていません。アジアからの留学生が増加したこともあり、相対的に日本人が「内向き志向」に見えるということだと思います。
実際に早大生と接する中で感じる変化はありますか。
むしろ最近までは「内向き志向」が強かったように思います。日本は食べ物がおいしく、経済的に豊かで安全です。日本での生活は快適なのでしょう。それがここ数年、特に震災を境に変化しました。日本は人口減少や少子高齢化、円高と多くの問題を抱えており、日本企業はもう国内だけでは展開できません。そうした中、法学部の私のゼミで面白い現象が起きています。長期休暇を利用して、ロシアや韓国、中国の短期プログラムに参加して語学を学ぶ学生が増えたのです。理由を尋ねると、今後はシベリア開発が日本の商社にとって重要であるためロシア語を学ぶ意義がある、と答えます。彼らは今後30年間日本に仕事があるとは思っていません。外に出なければ自分たちの将来がないことを理解し始めたのでしょう。
すべての学生がグローバルに活躍するべきでしょうか。
そうではありません。卒業後に地元に戻り、地元の発展に貢献することも重要なことです。しかし、地元の国立大学に進学した人と、早稲田大学に進学した人が地元に戻ってから同じではいけません。全員がグローバルに活躍すべきなのではなく、学生時代にグローバルな社会を理解することが重要なのです。日本中・世界中から多様な学生が集まって議論する環境が早稲田にはあります。そうした多様な学生と積極的に交わって、グローバル(欧米を含めた全世界)・リージョナル(アジア地域)・ナショナル(日本国内)・ローカル(日本の地域社会)、の4つの視点を学んでください。将来4つの分野のどこで活躍してもかまいません。日本の産業のあり方を学び、グローバルな社会を理解し、日本のアイデンティティをどこに持つかということを考えて、生涯実行していく人を目指してください。

大学間の国際交流式典

  • 司会をする内田先生

    司会をする内田先生

  • 日韓ミレニアム

    日韓4大学で行うミレニアム会議の様子

  • US Japan Research Institute

    US Japan Research Instituteの様子

編集後記

学生は海外に出ると必ず変わる。私自身、アメリカ留学中に出会った中国人や東ティモール出身の友人に刺激を受けた記憶があります。「卒業後はアメリカで働く。でも3年だけだ。アメリカで学んだ経験を活かして俺は中国でビジネスを興す」「私は東ティモールの国費で留学しているの。だからウィンター・ブレークも大学に残って勉強するわ。将来は母国の発展のために貢献したい」世界中から集まる学生と接するうちに、日本とはどのような国であるのか、何を強みとしているのか、なぜ戦争をしなければならなかったのか、なぜアジアの小国が世界第3位の経済大国であり得るのか、など様々なことを考えるようになりました。語学力の向上はもちろん重要ですが、こうした「変化」が海外に出ることや多様な学生と交わることで得られる最も大きなものである、と自分の経験からも実感しました。

二瓶 篤(政治経済学部5年)