Vol. 11 「人生は計画通りに進まない。目の前にある事象に正面から取り組むだけ」

CATEGORY : 民間企業
iwanaga-san

早稲田大学講師・慧洋海運独立取締役
(前住友商事理事・台湾住友商事会社社長)
岩永 康久

1945年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、69年住友商事株式会社 鋼材貿易部入社。アメリカ、台湾駐在を経て、2000年から2007年まで台湾住友商事会社社長を務める。2007年9月には、台湾経済・貿易発展に寄与したとして台湾政府・経済奨章を受章。2008年住友商事退職後から現職。

【2012年2月16日公開】

まとまった時間がある今しかできないことを!

学生時代はどのようなことをしていましたか。
勉強以外にもいろいろなことにチャレンジしました。社会に出たら朝から晩まで仕事をしなければならないため、時間があり余っている学生時代を有効に活用しようと考えていましたね。具体的に例を挙げると、大学生の頃に日本国内はほとんど周りました。海外に行くお金がなかったので、それでは国内で何ができるだろうかと考えた結果です。たとえば、北海道を一人、野宿同然で自転車で一周した後、青森-秋田-新潟-東京間2,300kmを50日かけて自転車で走り続けました。他にも、九州に帰省する途中にテントを持ち歩き、中国・四国地方に寄ったこともあったし、北陸地方まで足を延ばしたこともありました。
先生にとっての学生時代というのは、どのような時代でしたか。
まとまった時間があるときにしかできないことを経験できた時代ですね。正直に言って勉強はあまりしませんでした。しかし、貧乏旅行などで培われた経験や精神力は、住友商事に入社してからも私の大きな力となりました。また、学生時代は友人とよく遊びました。友達との繋がりというのは社会に出てからも非常に大切です。大学で出会った友人とは卒業後何十年経過した現在でも食事に行ったり、お酒を飲んだりするものですよ。学生の皆さんも今の友人関係を大切にしてほしいですね。もしも私が学生時代に勉強しかしていなかったら、自転車旅行の時間や、友人と馬鹿な遊びをして過ごす時間は持てなかったでしょうね。そのような学生時代の経験は、今の学生たちのように就職活動のノウハウを勉強することよりも、私にとってはず~と重要なことでした。

どこの国の人も自分の人生が大事で、精一杯生きている

総合商社・住友商事を就職先として志望した理由を教えてください。
私の学生時代は日本も外貨がなく、海外への渡航は簡単でない時代でした。貨物船に乗って皿洗いしながら米国に渡り、自転車でアメリカ大陸横断をやろうと計画しましたが、VISAが下りませんでした。自分のお金で海外へいけないのであれば、会社のお金で行くしかないなと、それなら総合商社が一番ではないか、と考えたのです。当時は学校推薦を取れば、あとは役員面接と身体検査だけで内定が出る時代で、運よく住友商事に決まりました。当時総合商社を目指す人の志望理由なんて考え抜いた高尚なものではなく、寧ろ単純なものでした。海外に飛躍したい、海外へ派遣される会社に行きたい。まあ、そのような事でした。入社してからは楽しい事も失望した事も紆余曲折がありましたが、今振り返ってみると、私の夢はほぼ叶ったと言えるでしょう。アメリカや台湾の駐在を含めて、合計48ヶ国へ出張し、やりがいのある仕事をすることができたのですから。
アメリカ駐在時代に印象に残っている仕事は何ですか。

このようなカーブに高級レールが使用されている

鉄道の高級レールの輸出ビジネスを、着想から利益が出るところまで作り上げたことですね。30歳を過ぎて、鉄鋼係長としてアメリカに駐在していた私は、ねじ輸出の担当をしていました。しかし、当時円高が原因で日本製品の競争力は低下しており、取引していた会社も倒産してしまうほどでした。業績不振で帰国辞令が出かねない!今思うと、会社生活で一番苦しんだ時期でしたよ。債権回収には頭を痛めたし、利益が出るような新しいビジネスを如何にしたら作れるかと日々苦悶していました。しかし名案は浮かびませんでした。苦悩する中である時ふと、「扱い商品の中に電車のレールをつなぐ部品(ボルトナット)も含まれているけど、なぜレールは輸出していないのか」、と疑問に思ったのです。そして、レールの輸出ビジネスを始めようと考えました。しかし、当時の日米間では貿易摩擦が大問題でした。ただでさえ日本製品の輸出が増加し、アメリカが日本に対して不満を持っていた時代です。これ以上輸出を増やせるはずがありませんでした。従い、何処の商社も米国向けレールは扱っていなかったのです。そこで考えついたのが、高級レールの輸出ビジネスです。高級レールというのは、鉄道路線の急カーブに使われるものです。電車に乗っていると急カーブで“キッキッキー”という軋み音が聞こえますよね。これはレールと車輪がお互いの鉄を削り合っている音です。アメリカでは一編成で機関車が3両、100両の車輛が一度に1万トン以上を運びますから更に過酷な条件です。従い、激しい圧力にも耐えられる高級なものでなければなりません。高級レールを高価格で、過酷な使用条件の場所のみに少量輸出するのであれば、貿易摩擦も生じません。理論としては完璧ですよね。あとは、保守的な米国鉄道会社、日本の鉄鋼会社の人を説得することに腐心しました。しかし、いろいろな方々の協力を得て、何とか成功させる事が出来ました。このビジネスの功績で、後に社長表彰をいただく事ができました。
アメリカで、考え方の違いを感じたことはありましたか。
私がアメリカ人の考え方を全然理解できていなかったことが原因で、アメリカ人と何度も喧嘩しました。当時の日本が急速な経済発展を遂げていたこともあり、日本人としてのビジネスの方法を過信していたように思います。私は、チャンスがあれば、全力投球で積極的な攻めの営業をしていました(今思うとtoo pushyだった!)。しかし、一緒に働いていたアメリカ人は、別の考え方を持っていました。彼は、押し過ぎるのではなく、周囲をじわりじわりと固めつつ、「万有引力でリンゴがぽとりと落ちる」ように、後は時期がくるまで待つという考え方を持っていたのです。彼とは率直に議論をしながら、私は多くを学びました。その後、ビジネスの進め方が変わり、大いに役立ちました。
台湾住友商事社長としての経験から、多くの現地スタッフを動かす際に気を付ける点は何だと思いますか。
私は日本人を過度に優遇しないように気を付けていました。当時、日本企業は国際化が遅れていました。その最大の理由が言語です。日本人の中には英語が苦手な人が多く、台湾にある会社であっても日本語主体のシステムになってしまったのです。当然社内では日本語が堪能な日本人が有利になります。しかし、これでは台湾人の現地スタッフが不満を持ってしまいますよね。私は常々「人生はそれぞれの個人にとって一番大切なもの」と思っています。日本で生まれたから、台湾で生まれたから、という理由で差別がでたら、不満が生まれますよね。やる気もなくなり、会社の業績だって上がらないでしょう。そのため、絶対に台湾人現地スタッフを差別しないように心がけていました。むしろ意識的に日本人派遣員よりも台湾人スタッフの考え方を尊重し、フェアな処遇になるよう考えていました。

間違いは素直に謝ることが信頼につながる

今の学生は内向きだと思いますか。
日本の学生全体が内向き志向になっていると思います。その理由は、豊かな社会で育ったことと、少子化の2点であると思います。今の学生は、豊かな社会で親に大事に育てられたので、苦労の経験が昔の学生と比べると圧倒的に少ないです。また、少子化であるために、親や親戚の愛情を独り占めにして成長してきました。その結果、ハングリー精神が足りない、わがままで打たれ弱い学生が増えたのだと思います。このハングリー精神の欠如から、全体として今の学生は、内向きになりがちであると思います。ただし私は、他大学の学生と比べ、早大生は比較的にバイタリティがあると思います。私の講義をとる学生には外向き志向の人が多く、機会があれば海外に飛躍しようと考える学生が多くいます。もちろん全体として見て、我々の時代の早大生と比べれば、まだまだ内向きですがね。
なぜ外向きになる必要があるのでしょう。
時代が変化しているからです。これまでの日本は、世界第2位の経済大国でした。日本でやっていれば世界と戦えたのです。しかし、これからは日本の市場は縮小していく一方です。世界に目を転じて、市場を拡大していかないと、企業は生き残れません。早稲田の学生たちには、そういう外向きの志向を持ってほしいと思っています。世界に出ていくと、考え方・価値観が異なりますから、日本で美徳のように語られる以心伝心など通じません。意見は堂々とはっきり言うことが求められます。また日本人としてのアイデンティティ・価値観を持って議論してほしいものです。良く歴史問題などの議論も出ますから、歴史も良く理解しておいてほしいですね。そして激しい議論を恐れない事です。口論になる事を恐れて自分の意見を引っ込めれば、真の理解は生まれません。相手の立場を尊重して、誠意を持って当たれば、率直な議論を通じてこそ真の相互理解が生れるものです。
これから社会に出る学生へメッセージをお願いします。
間違いは「素直に謝る」ことが信頼につながる、ということです。例えば、私が住友商事に勤めていたころ、見積もりの計算ミスで何十億円という赤字が出かねない失敗をしたことがあります。悩みましたが、かかる事は隠さず即報告すべきと思い、当時の課長に打ち明けました。すると、そのときの課長が「間違いは誰にでもある。二度と間違えなければいい。よく話してくれた」と逆にほめてくれたのです。取引先には即訪問し、正直に自分のミスを説明して謝罪しました。付き合いの長い取引先であったため、最終的には理解を得ることができました。みんないい格好はいくらでもします。しかし、間違いを認めることは、誰にでもできることではありません。過ちを素直に認める心をもってほしいですね。もう一点、「苦労は買ってでもする」べきであり、「正面から向き合いなさい」、ということも伝えたいですね。人生は山あり谷ありです。調子がいいときがあれば、次には落ち込む時がきます。このときに、困難から逃げずに正面から向き合うことが肝要です。若いときに苦労した経験がある人は、将来仕事で辛いことに出くわしても、必ず突破口を見いだせると思います。最後に、あまり就職・勉強だけに執着しないでほしい、ということです。私も今になってもっと勉強しておけばよかったと思う事もあります。しかし社会に出たら朝から晩まで仕事・また関連の勉強をしなくてはなりません。むしろ、学生時代の貴重な4年間でしかできないことをしてほしい、と思いますね。
編集後記

インタビューの中で、何度も先生が協調なさったのは、「学生時代には、まとまった時間がないとできない経験をした方が良い」ということでした。岩永先生が、アメリカで「ボルトからレールの輸出へ」という案を思いつくことができたのも、学生時代のさまざまな経験で積み上げた引き出しの多さゆえではないかと思います。私自身、残された1年間の学生生活で、今しかできないことに全力を注いでいき、「経験の蓄積」を増やしていけたら、と思っています。

飯沼亜季(国際教養学部3年)